【就活生向け】株式会社ってどんな仕組みか説明できる?

大学3年生から多くの人が

就職に向けて、本格的に活動を始める人が多いのではないかと思います。

そこで早速みなさんに質問ですが、「株式会社とは何か?」と説明することはできるでしょうか。

現在、株式会社の割合は全体の95%近くを占めています。

つまり、多くの人は株式会社に入社することになると思いますが、自分の会社の仕組みや成り立ちを知らないのはいったいどうなのでしょうか。

今回は、これから社会人になる人・これから就職活動を始める人に向けて、株式会社の仕組みと成り立ちについて説明していきます。

株式会社の仕組み

株式会社とは?

株式会社とは、株式を発行して投資家から資金を調達し、その代金で事業活動を行う会社のことを言います。    出典 ASCll.jpデジタル用語辞典

何事も事業を行うには、資金が必要になります。この資金を投資家から集めて、事業を行い、投資家に利益を配当するというのが、株式会社の仕組みになっていますが、より詳しく見ていきましょう。

資金を集める

どんな事業を始めるにもお金が必要になります。株式会社の場合は、投資家(一般の投資家も含む)から、株を買ってもらうことでお金を集めます。

どれだけ素晴らしいビジネスのアイデアを持っていても、お金がなければ事業を始めることはできません。

そこで、投資家たちは、将来的に儲けそうなアイデアを持っている株を見つけ、将来の株の値上がりで儲けようと株を購入します。

株を発行して、お金を集めている会社のことを株式会社といい、株の売買などのやりとりをする場所を株式市場と言います。

集めたお金でビジネスを展開する

会社は、投資家が株を買ってくれたおかげでお金を集めることができ、そのお金をもとに実際にビジネスを行なっていきます。

このお金をどうやって集めるかという方法が違うだけで、会社の一番の目的は、「集めたお金でさらにお金を増やすこと」です。

集めたお金より増えた部分が、会社にとって利益となり、新しいビジネスや事業拡大にお金をかけることができます。

投資家(株主)に利益を還元する

その会社の株を保有している人のことを株主と言いますが、会社は株主に対して、利益を還元しなければなりません。

株主は、会社からの配当や還元があるから、株を購入し売らずにずっと保有してくれているのに、会社が何も分配しなければ株主にとってのメリットはありません。

株主に利益を還元する方法として、「株主優待」と「配当金」があります。

「株主優待」とは、会社から株を保有してくれている株主に対して、自社の製品や食事優待券を送ります。

「配当金」とは、会社が利益を上げた時に、その利益の一部を分配するもので、企業の業績が好調であればこの配当金も増えていきます。

株式会社のメリット・デメリット

では、株式会社のメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

(ここでは簡単なものだけ、会社員として知ってれば良いレベルのみまとめておきます)

メリット

・社会的信用が高い

事業を行うためには、別に会社を立ち上げなくてもできます。しかし、同じサービスや製品を提供するにしても、個人事業主か株式会社かという違いだけで、利用者からしたら、圧倒的に後者の方が信頼が高くなります。

・責任の範囲が限られている

株式会社は仮に事業が失敗したときにとる責任の範囲が限られています。株式会社は、出資金の範囲で有限責任なので、借金の額が多く支払えなくなって倒産しても、資本金(出資)の範囲だけの責任を負えばいいことになります。

デメリット

・株主の意向に左右される

株式会社で一番偉いのは、社長ではなく株主です。株主が会社の業績や方針に対して発言することができ、さらには会社の役員や取締役などを選任することができます。

・買収されてしまうかもしれない

どんなその会社の業績がよくても、株式会社の場合、株主が一番偉いので株を多く保有している人がその会社を買収することができてしまいます。そうすると、働いている社員は買収によって仕事内容や配属先への影響を受ける可能性があります。

株式会社以外にもこんな種類の会社がある

株式会社はあくまで、株を発行することによってお金を集めている会社です。

そのため、株式会社以外にも色々なお金の集め方をしている会社の種類があります。

・合同会社…すべての社員が、株主と同様に有限積んである。株式会社とは異なり、出資と経営が一体である会社形態。

・合名会社…無限責任社員のみで構成されている会社のこと。複数の個人事業主が集まり成り立っている会社とも言える。(名)と表記する。

・合資会社…会社の設立に2人以上が必要となり、経営に関わる無限責任社員と、原則として経営に関わらない有限責任社員から成り立っている。

まとめ

今回は、株式会社の仕組みやメリット・デメリットについて簡単に説明してきました。

自分が入るであろう会社の成り立ちや仕組みについての理解を深めていくのは、社会人として重要なので理解しておくようにしましょう!