【大学生へオススメ】徹底的に稼ぐためアルバイトの選び方

アルバイトをこれから始める人、新しいアルバイト先を探している人、どんな基準でアルバイトを探していますか?

なんとなく、検索エンジンに

「大学生 アルバイト 駅名」

みたいな感じで調べて、大手のアルバイト募集のページを行ったり来たりしていませんか?

「いろんなバイトがあるしなかなか決まらない。探し続けるのに疲れる」みたいなことはありませんか?

これは僕自身もそうでした。

実際にアルバイトを決めるとき、こんな基準を知って入ればよりストレスも軽く、アルバイトができると思うものを紹介します!!!

目標(目的)をはっきりとさせる

いくら稼ぎたいかを明確に決めよう!

アルバイトをするからには少なからず、「お金を稼ぐ」という目的があると思います。

しかし、それだけでは基準があやふや過ぎです。

なぜなら、月にいくら稼ぎたいかによってアルバイトとして選ぶ職種も変わってくるからです!

「月に10万稼ぎたい」

と思っていても、仮にコンビニのアルバイトなどで稼ごうと思っても、なかなかにハードだと思います。

それに授業もサークルも恋愛もしている大学生にはそんなたっぷりな時間はありません!!!

なので、自分が月にいくら稼ぎたいか(必要か)について一度真剣に考えてみること(手帳やノートに出費買い出してみること)をオススメします!

ちなみに、僕の月の出費は

・食費 20,000

・美容院(パーマ、カット代)5,000
(1か月おきにパーマ&カット9,000とカット3,000の頻度)

・書籍代 3,000

・交通費(定期外)3,000

・貯金 10,000
(結構できてなかったり…)

・交遊費 15,000

といった感じです。

お付き合いしている彼女がいたら、プラス2万円くらいです。

こんな感じで出費を書き出すと、なんとなく「周りのが月6万稼いでいる」からといった理由でアルバイトのスケジュールを決める必要が無くなります!!!

それと、本当にその出費が必要なのかを考え直すいいきっかけにもなります。

友達づきあいももちろん大切ですが、自分の時間は大切にしましょう。

どんなに金持ちでも貧乏でも時間だけはみな平等です

使える時間はどれくらいある?

月にいくら稼ぐかの目標が立てれたら、いまの生活リズムの中で、「どれくらいアルバイトに時間を割けるのか」について考えてみてください!

ここでも、あくまで自分が大学生であるということを忘れず、大学生活が乱れない程度にすることをオススメします。

(僕はアルバイトで月にたくさん金を稼ぐのがかっこいいんだ!みたいに血迷って、単位を落とした経験があります。皆さんには絶対に同じ道を通って欲しくないです。笑)

週にどれくらい(何日、何時間)アルバイトに時間を費やせるのかわかったら、目標金額を達成するため時給のアルバイトを探すのです!!!

この考え方が最も良いアルバイトの選び方です!

はじめに「このバイトは楽そうだな」とか「なんか大学生多そうで良いな」みたいなあやふやな気持ちで選ぶと、期待と違った場合きつくなります。(これはマジです。友達とも話して共感しあってます)

また、目標金額を達成するための時給のアルバイトが見つからない場合は、自分の出費をもう一度見直してみることをオススメします。

あくまで時間は有限です。大学生の時間なんてエネルギーもあって色んなんこと吸収しやすい時間なのだから大切に使うべきです!(と僕は思っています)

できるだけ無駄を減らしてバイトをしよう!

自宅(or大学)から近いところで働くべき

稼ぐとなるとやっぱり大切なのが「時給」ですよね。

バイトも地域によって時給の差があります

できるだけ都心にいった方が時給が高いし、より稼げるんじゃ?って考えたそこのあなた!

ちょっと待って?

通勤時間は時給0円です

例えば、

家から徒歩(or自転車)10分で時給が1,000円のAというバイト先があるとします。

家から電車で往復1時間で時給が1,100円のBというバイト先があるとします。

あなたならどっちを選びますか?

大抵の人はBを選ぶんじゃないんでしょうか?

でもよく考えてみてください。一度計算してみましょう

例えば月の目標が5万円の場合(週に2回シフトに入ると仮定)

Aでは、勤務時間50H+通勤時間160分(約3h)(1日往復20分×月に8回)

合計で53H必要になります。

Bでは、勤務時間45H+通勤時間8H

合計で53H

結果はほとんど変わらなくなります。。。

僕もサイトでアルバイトを探しているときに、10円でも時給のいいバイトはないかと探していましたが、その苦労は意外と報われないことが多いのだとわかりました。

もっと言えば、通勤時間が長いとそれだけ一日の中の予定を確保されてしまいます。

Aのように通勤時間が少なくて済むバイトを選べば、バイト前の隙間時間に課題をやってからいくといった有効的な使い方もできます。

反対にBのような通勤時間が長いバイトを選ぶと、給与的にはほとんど変わらないのに、通勤で疲れてしまったり遅延したりといったリスクが増えてしまいます。

ポイント1:できるだけ通勤時間の少ないところを探そう!

フルタイム(長い時間)働ける場所を見つけよう!

ポイント1で話したようにできるだけ、通勤時間は短い方が良い!と伝えましたが、これの延長線的な考えとして、できるだけ一回に長く働ける場所を選ぶべきです!

アルバイトってどっちかというと「めんどくさいなー」とか「今日もバイトか」って憂鬱になることが多いと思うんです。

実はこの憂鬱になってる時間ももったいなかったりします。

想像してみてください。

今日は休日。予定は17時から22時までのアルバイトのみ。

休日だからということで、いつもよりゆっくり目の10時過ぎに起きたとしましょう。

3つほど終わらせたい課題があるけど、LINEを返して、インスタのストーリーを眺めて、一本だけYou Tubeも見よっと気づいたら、1時間もベットの中にいてしまった。笑

朝ごはんとも昼ごはんとも言えない時間帯にご飯を食べたら12時過ぎ。

ここから課題をやろうと思い、やり始めるもこれからのバイトのことが頭の中によぎって、なかなか集中できない。

課題と数時間格闘するが、結局終わらせるはずの3つの課題は全て終わらず、着替えや身だしなみを整えなきゃといった時間になってしまう。

こんな経験はありませんか?

これが週に2回も3回もあったらより憂鬱な時間が長くなってしまいます。

仮に週8Hのアルバイトをする必要がある人なら、週2回に分けて4Hずつやるよりも、週1回8H働ききってしまった方が圧倒的にいいのです。

アルバイトを始めると実際に働く時間以外にも心理的に影響を受ける時間が存在します。

ポイント2:できるだけ連続して長い時間働ける(出勤日数を減らせる)バイト先を選ぼう!

そのアルバイトの将来性について考えよう!

アルバイトをすることによって得られるものは何があるだろうか?

アルバイトをすることのメリットとして、お金を稼ぐ以外に、「人と接することに慣れた」「人前に立ってプレゼンすることが上達した」などのスキルが身につくことが挙げられます。

例えば教員志望の人が塾講師や家庭教師のアルバイトを通して、教えることを体験することは非常に重要です。

おそらくこのような目的で人に何かを教えることのバイトを選んだ人には、時給以外に「お金に換算できない能力(=将来性)」を得ることができるでしょう。

反対に、とりあえずチェーン店で、マニュアルもありそうなホールスタッフとしてアルバイトした場合はどうでしょうか。

おそらく、マニュアル通りに接客をして、忙しい時間帯はどんな感じでお客様をさばけばいいかといったことくらいしか能力は身につかないでしょう

もし、同じ時給で働くのなら、将来性のある(=スキルが身につく可能性)バイトを選びましょう!

ポイント3:将来性のあるバイトかどうかを考えよう!

まとめ

各ポイントを確認しておきます

1.できるだけ通勤時間の少ないところを探そう!

2.できるだけ連続して長い時間働ける(出勤日数を減らせる)バイト先を選ぼう!

3.将来性のあるバイトかどうかを考えよう!

この基準をもとにするだけで、バイトの効率が一気に上がります。

大学生はまだまだエネルギーがあるし、貴重な時間です!

大人に近づくにつれてお金を稼ぐ必要があるからこそ、少しでもこの選び方を参考にしてみてください!!